FC2ブログ
わたしと2ひき(+1人)は、ひもでつながってるので、どこにいくにもついてきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
1月25日の飼い主の日記の続き
結局、ちゃんとした服を70パーセントオフで買い、それ自体は安くすんだのですが、それに伴い、ちゃんとした靴と、ちゃんとしたカーディガンと上着の購入が必要となって、買う羽目になりました。

で、全てそろったかと思いきや、これらのちゃんとしたシリーズをみにつけると、絶対に財布が必要だということに気づきました。なぜなら、わたしは今まで財布として、銀行の封筒におさつをいれ、ジップロックに小銭をいれていたからです。

そこで今日、最後の買い物に出かけ、ついに真の財布を買いました。100円ショップにいいのがなかったので、別の店にいったら、予算を1万円ちょっとオーバーして、一万200円の財布を買ってしまいました。(ジップロックの前に使って、お気に入りでぼろぼろになるまで20年くらい使った、はじめての皮の財布とたまたま同じブランドだったので運命を感じたこともあります。)どの洋服より高くついたのがこの財布でした。

”いますぐ使うので、袋はいらないです。”とレジでつげ、財布を受け取って、中に手持ちの現金を入れました。
せっかくお札のはいる部分もある札入れタイプの財布だったのに、このお財布を買ったために、いれるべき現金は560円しか残っていなかったのでした。

金欠なのにすごい高い財布買っちゃったよ。と、同僚に話したら、”一月に財布を買うことは、春財布(張る財布)っていって縁起がいいんだよ。”と言われました。今日は1月の最後の日ですから、明日だったらもうだめだったわけです。
そう思ったらなんだかいい買い物だったような気がしてきたのでした。
スポンサーサイト
別窓 | 番外編:野原の飼い主のふつうの日記 | コメント:2 | top↑
しあわせな野原のつづき
きのうのつづきの ピアノきょうしつです。

ストーブのまえで いいこいいこされつづけていると、
もうひとりの おねえさんがきて、
野原に えほんを よんでくれました。

201301291435002.jpg

とても ながくて、いぬには むずかしいえほんだったので、
野原は こっくりこっくり ひざまくらで ねてしまったのでした。

201301291438000.jpg

別窓 | 野原と いぬづれ出勤!(選) | コメント:0 | top↑
さらに しあわせな いちにち
ピアノきょうしつです。

野原は いつもヒーターのまえの ベッドのふちに こしかけて しあわせないちにちをすごしますが、
きょうは、いいこいいこしてくれるひとまで ついています。

”みて。いいこいいこしてあげたら、にげないで、ずっとじっとしているよ。”と、
おんなのこは とても まんぞくだったようです。

201301291431000.jpg

別窓 | 野原と ピアノきょうしつのこどもたち(外) | コメント:0 | top↑
はみがきをまなんだ野原
はみがきするよ、というと、野原は、すぐさまケージにはいります。
でもきょうは、いったん、ケージにはいったあと、すごすごとじぶんからでてきて、
しっぽをさげ、こうべをたれて、うわめづかいで わたしをみながら、
いつも はみがきをするばしょに、じぶんからきて、すわりました。
ついに野原は、 はみがきすることを まなんだのでしょうか。

201301281206000.jpg

別窓 | 野原のちいさいのうみそ(外) | コメント:0 | top↑
もんしろりーぬのしつけ
庭に出たもんしろりーぬが、おちていたう0こをかいだので、”こら!”と窓からのぞいて怒ったら、
野原が おおいそぎで庭に走り出て、もんしろりーぬの横に行きました。そして、もんしろりーぬは、くるりと向きをかえて、野原について、すぐさま家の中に戻ってきました。

こういうことが、よくあるのですが、いつも不思議なのは、野原は、どうやってもんしろりーぬに、自分について、わたしの元に戻らなくてはいけないと伝えているのか、ということです。

あのおばかなもんしろりーぬが、やっていることをすぐさまやめて、野原についてわたしのところにかけよってくるには、野原がなにか特別な犬のあいずをやっていると思うのですが、、。
別窓 | 野原のちいさいのうみそ(外) | コメント:0 | top↑
ともだちからの写メール
みちをあるいていたら、へいのうえに 柴犬がいたそうです。

KC3O0281_convert_20130127002257.jpg

別窓 | びっくりいぬじけん、いぬグッズ | コメント:0 | top↑
犬服でない服を買いに行きました。
時々、突然、ちゃんとした服を着ないといけない機会があります。
こないだのスーパーの面接のときもそうでしたが。

時々ある、ちゃんとした機会にここ5年くらいいつも着ていた服を、あらためて全身鏡でよく見たら、ちっともちゃんとしていませんでした。着るたびに色合いが似合うとか、素敵な生地ねとかほめられるので、その気になっていましたが、いい服をたまに着た人がいたらほめるという慣わしがあるのかもしれません。

そこで、ちゃんとした服を買う旅に出たのですが、それは、大変に困難な旅でした。
たまに素敵な服があって試着すると、服だけが妙に素敵だという問題点があり、この問題点は、どの服でも解消されないようでした。

ジーパンの試着なんかをすると、どれを着ても似合うなあと自分で自画自賛になるのですが、そういう女みたいな服を着ると、なんだか恥ずかしいというか、試着すると店員に言うだけでも恥ずかしいのに、外に着てあるけるのかどうか。

だいたい、48歳でちゃんとして見える服は、お店の人がすすめるものは、PTAに見え、若い頃は結構にあっていた黒は、喪服に見える。

犬に洋服を買うときは、似合う服がたくさんあって、どれを着てもかわいい中から、一枚だけ買うのは難しい、という感じなのですが、人間の服は本当に難しい。TPOに合い、48歳という年齢に合い、肌の色に合い、体型に合い、お財布に合う中から、自分の好みのものを見つけるってもう無理、という感じで、結局くたくたになって何も買わずに帰ってきました。

ちゃんとした服を見つけたら、そのあとに、それにあう、ちゃんとした上着も靴とバッグもないので、それらについても考えなくてはいけなかったのですが、もう無理。

ああ、このストレス解消にかわいい犬服でも買いたいよ。そういえば1年前も同じこといって、お金がもんしろりーぬのちゃんとした服に化けたんだった、、。




別窓 | 番外編:野原の飼い主のふつうの日記 | コメント:0 | top↑
いいこいいこするときは
ピアノきょうしつです。
せいとをまっている おかあさんが 野原をいいこいいこすると、

201301232124000.jpg

もんしろりーぬが、わたしもわたしも、と みじかいてあしで むりやりテーブルにとびのって、
わりこんできます。

201301232124002.jpg

そこで、やさしいおかあさんは、2ひきを いっしょうけんめい いいこいいこしてくれるのでした。

201301232124003.jpg

別窓 | 野原と いぬづれ出勤!(選) | コメント:0 | top↑
きせかえもんしろりーぬ
ピアノきょうしつです。
たくちゃんが、”もんしろりーぬに ぼうしをかぶせたよ。”と いいました。
プリンカップをかぶった コサックもんしろりーぬです。

IMG_3517_convert_20130123235551.jpg

別窓 | 野原と ピアノきょうしつのこどもたち(外) | コメント:0 | top↑
こしかけ犬、きょうのいすは
ピアノきょうしつです。
野原はきょうも ヒーターのまえに はりつきです。
くまちゃんで しばらくあそんだあと、こしかけることにしたようです。

201301221830000.jpg

別窓 | 野原のちいさいのうみそ(外) | コメント:0 | top↑
朝の日課
わたしがまだねているあさ、野原は トイレにおきたあと、もういちどふとんにはいるとき、わたしをおこします。
うでまくらで、ふとんをかけて ねたいからです。
しかも、うでは、みぎうでときまっています。
わたしが ひだりをむいてねていると、むー、むー、と あたまのうしろで、野原がしずかにうなるのが きこえてきます。みぎに ねがえりをうって、うでを だしてやって、また ねむろうとすると、おでこを かりかり たたいてきます。野原が はいりやすいように、かけぶとんを もちあげてほしいのです。
はいはい、ふとんをもちあげると、野原はすぐさま もぐりこみ、わたしのかたに あたまをのせて、しずかに ねるのでした。
別窓 | 野原のちいさいのうみそ(外) | コメント:0 | top↑
トイレはみだし防止の工夫
野原は トイレシーツで必ずトイレをしますが、必ずトイレシーツからはみ出します。
シーツのうえでくるくるまわって、最後に前足をシーツから出すので、本人はおりこうにシーツの上に命中している気持ちなのです。

シーツをどんなに大きくしても、必ず角でするので、解決になりません。

そこで、使っていないケージの底をトイレの下にしいてみたら大成功でした。
大成功というのは、つまり、トイレの下には、はみだしますが、床に流れない、という意味ですが。

201301202308000.jpg

別窓 | 野原のもちもの(外) | コメント:0 | top↑
一日電車の中でした
老人ホームの92歳のおばあちゃんを訪ねてきました。

同じホームに 認知症のおじいさんがいました。おじいさんは、わたしたちが話しかけてもこっちを見ません。
だまって、どこも見ないで、前をむいています。野原ともんしろりーぬは、ぼさっと立っているおじいさんの足に立ち上がってすがりついて、手にぺろぺろしました。

すると、おじいさんは、野原たちをみおろしました。おじいさんはしばらく野原たちを見て、ゆっくり手をのばして、頭をなでました。顔が すこし笑ったようになりました。おじいさんは、何も言わないで、野原たちを見ながら、しずかに頭をなで続けてくれました。

日帰りで、片道4時間の電車でしたが、やっぱり犬を連れて行ってよかったと思いました。
別窓 | 番外編:野原の飼い主のふつうの日記 | コメント:0 | top↑
犬服
犬をかいだしてから、犬を連れて歩く時は、汚れるから、しゃがむから、やぶれるから、と いろいろな理由で 犬服、とよばれる、動きやすく、洗いやすく、汚れてもやぶれても惜しくない服を着るようになりました。
そして、そのうち 犬を連れていてもいなくても、いつも 犬服を着てどこにでも行くようになってしまっていました。

今年は、そんな暮らしはいけないと決意し、脱犬服、というわけで、年末セールで、2枚、白いブラウスを買ってみました。
犬なしで出かける時のためです。
でも、そういうのを着た日に限って、ミートソースがはねたりとかの事故がありそうだし、着たら最後、アイロンをかけなくてはいけない、と思うと、それだけのキケンをおかし、労力をいとわないような、特別な日でなければ、、、。
というわけで、白いブラウスは 2枚とも、ハンガーに値札がついたまま かかっています。
値札をあらためてみたら、1950円と、2050円でした。
思い切って買った気になっていましたが、犬たちの洋服より、随分安い。
そこまで着惜しみするほどの値段でもなかったかも、、。



別窓 | 番外編:野原の飼い主のふつうの日記 | コメント:0 | top↑
もんしろりーぬに話しかける時、ピアノ教室のお姉さん達は、みんな あかちゃん言葉でしゃべります。
野原の時は、誰も そんなふうには しゃべりませんが、、。

悪いことをした時も、野原は こらっ!と 怒られていますが、もんしろりーぬの時は、

”もんちろりーぬ!だめでちゅよ~。”
と、高い声で 言われるだけです。

白くて 小さいからか?
舌がでっぱなしだからか?
手足がみじかいからか??
別窓 | おしらせなど | コメント:0 | top↑
犬と暮らすようになって、うしなったもの
犬と暮らすようになって、信じられないほど、落し物が増えました。
携帯(4、5回。毎回発見)スイカパスモ (4、5回。一度は見つからなかった。)
手袋(10回くらい。8回発見)お財布(2回。発見)あと、タオル、犬の洋服、化粧品、本、お弁当、ボール、他にもいろいろ、、。

全て犬のせいにするわけではありませんが、犬がいると、なんだかいつも遅刻寸前にばたばたすることになり、あわてて駅で犬をカバンに出し入れしたり、物を出し入れしたあとにファスナーをしめなかったり、犬と一緒に走ったり、道でしゃがんでう0こひろいをしたり、と、いろいろ ものを落としやすい状況になります。

今年は落し物をしないと決めて、財布、カギ、スイカ、パスモ、化粧品のきんちゃく、携帯、などを全て、カバンのフックにひもで結びつけたのですが、そうすると、ひもが全部からまって、必要なときにそのうちのひとつを引っ張り出すことができなくて よけい、あわてることになっています。

今日で年があけて2週間たちましたが、手袋を元旦に片方落としただけです。(回収済)この調子で行けば、落し物月1こ以内ですむかも(とりあえず1月は)しれません。

なんでこの記事を思いついたかといえば、今日、携帯を職場に忘れてきたからです。これは、落としたわけではないので、一回に含みません。目覚ましとしても使っているので、明日起きられるのかなぞです。


別窓 | 番外編:野原の飼い主のふつうの日記 | コメント:0 | top↑
きのうのブログがおくれたわけ
きのうは、お酒もはいっていないのに、気づいたらいつのまにか寝ていたらしく、起きたら、朝でした。

こたつにはいって、パソコンを開き、これからやらなくてはいけない膨大な仕事のことを考えていると、
膨大すぎて、ぼーっとしてくることがあります。

で、ひざに もんしろりーぬが乗ると、その重みで、さらに、眠さが加速し、ひっくりかえって舌を出し、気持ちよく眠っている犬を起こしてまで立ち上がることもできない、、と犬のせいにしながら、仕事をしないまま、もうろうとし、こうして、朝になったのでした。
別窓 | 番外編:野原の飼い主のふつうの日記 | コメント:0 | top↑
一生にいちどのおやつ体験
紀州犬という 超大型犬をかっていた ともだちと お茶をしました。
もんしろりーぬが おやつが ほしそうだったので、
”ほんのひとくちだったら、パウンドケーキあげてもへいきだよ。”
といったら、ともだちは、
”じゃあ ひとくちだけね。”と、
もっていたパウンドケーキを ちぎって もんしろりーぬにあげました。
そのひとくちサイズとは、まさに 紀州犬の ひとくちサイズでした。
いつも、あまいものは、せいぜい、大豆半分くらいのおおきさしか もらったことのない もんしろりーぬが、そんな さいころキャラメルみたいなおおきさの パウンドケーキを 
ひとくちでもらったのは、じんせい、あとにもさきにも このいっかいになるとおもいます。
別窓 | 野原の おいしいまいにち | コメント:0 | top↑
もんしろりーぬを おびきだす方法
もんしろりーぬが かくれてでてこないときは、もんしろりーぬのうた(音程はないので呪文?)をうたえば、どこにいても、がまんできずに とびだしてきてしまうことは、このあいだおはなししました。

”もんちろりーぬわぁ でっかけるよっ、みじかいてあしでぇ~でっかけるよっ、”

たいていは ここまでうたえば、どこにいても とびだしてきますが、
ときどき、それを2,3かいくりかえしても かくれたままなことがあります。

そういうばあいは、歌詞に、”かわいい”という単語をいれると、ばたばたとでてきます。
”か~わい~い い~ぬの~ もんち~ろりーぬわぁ~、み~じかいてあしでぇ~ で~かけ~ます~”
(3拍子)
別窓 | もんしろりーぬの もっとちいさいのうみそ(外) | コメント:0 | top↑
犬たちと わたしの 兼用おやつです。
じゃがいもをかわごとあらって、はんぶんに切り、トースターにいれて30分焼きます。
なんにもつけなくても、おもてはぱりっ、なかみはほくほく。
もんしろりーぬは、みただけで もう しっぽを 写真にうつらないほど ぶんぶん ふっています。

201212272002000.jpg

別窓 | おしらせなど | コメント:2 | top↑
またまた こしかけいぬのはなし
野原が、ピアノきょうしつで、ストーブのまえにあるベッドなどに、いちにちこしかけていることは、おななししました。

こしかけるものがないので、もんしろりーぬに こしかけていました。
さっきまで、かおにこしかけていましたが、もんしろりーぬなので、きづかないようです。

201301111418000.jpg

別窓 | 野原の ちいさいのうみそ(選) | コメント:0 | top↑
1歳児との出会い
ピアノ教室に、1歳の子が遊びにきました。
野原や、もんしろりーぬの、短く刈り込んだしっぽを指差して、”あ、あ、お0ん0ん、お0ん0ん!”と叫んでいました。
そんなものに間違えられたのは、初めてです。
別窓 | 野原と ピアノきょうしつのこどもたち(外) | コメント:0 | top↑
もんしろりーぬを さがしだすには
”もんしろりーぬ、でかけるよー、”といっても、しずまりかえって へんじはありません。
こたつのなかか、野原のケージか、どこかにかくれて、いないふりをしているのです。

”もんしろりーぬ、でかけるよー!”なんどよんでも、でてこないときは、おくのてをつかいます。

もんしろりーぬが でかけるときのうた、を うたうのです(うたというより呪文ですが)。
そうすると、もんしろりーぬは、どこにいても、がまんができなくなって、とびだしてきて、しっぽをぶんぶんふって、わたしのひざに、とびのって ジャンプせずには いられないのです。

”もんちろり~ぬわ~、でっかけるよっ、みじかいてあしでぇ~、でっかけるよっ、、”

別窓 | もんしろりーぬの もっとちいさいのうみそ(外) | コメント:0 | top↑
こしかけいぬ
ピアノきょうしつで、野原は まえにおはなししたとおり、いつもストーブのまえに こしかけています。

201301081830001.jpg

きょうは、携帯にむちゅうになっている おねえちゃんの あしに こしかけていました。

201301081644000.jpg

別窓 | 野原と ピアノきょうしつのこどもたち(外) | コメント:0 | top↑
ルームメイト
それぞれに ケージがあるのに、さいきん、2ひきで 野原のケージにはいっています。

201301062052000.jpg

野原がまず、自分のケージにはいっていると、もんしろりーぬが、いりぐちまできて、おしりをあげてしっぽをふって、野原をいらっとさせます。野原は うぉーと怒って、とびだしてくるので、それとほぼ同時に、もんしろりーぬが なかにはいります。もんしろりーぬは それを知っているのです。

で、うぉーと外にでた野原は、まえは でたままで、こまったかおで わたしを見ましたが、今は、もんしろりーぬがはいっていても、さっさと自分のベッドにはいります。

そうやって にひきは ならんでやすむのですが、野原がはいっているケージに、もんしろりーぬがはいることは ありえません。かならず、野原をいちど出してからはいる、というシステムにきまっているようでした。

別窓 | 2ひきのまいにちのびっくりじけんぼ | コメント:0 | top↑
るすばんか おでかけか
きのう書いたように、野原は、でかけるよ、というと、ケージににげこんで いないふりをします。
でも、留守番してほしいときに、ちょっとまってて、というと、わたしのあしに、ひーひー言いながらすがって、いっしょにでかけたがるのです。

じゃあ、留守番してほしいときに、でかけるよ、といえば、じぶんからおとなしくケージにはいるのか、、。
このあいだ、それをやってみました。

もんしろりーぬは、すぐにだまされて、ケージにはいりました。
でも、野原は すこしみやぶっているようで、出かけようとするわたしのまわりを せかせか、うろうろしていました。

でかけるよー、といいながら、ドアからでてみました。 やっぱりちょっと だまされているようで、るすばんのときのように、あしにすがってはきませんでしたが、ケージににげこむことはせず、けっきょく、げんかんさきで、ぼうぜんと わたしをみていました。あたらしい展開に、とうわくしていたようでした。

別窓 | 野原のちいさいのうみそ(外) | コメント:0 | top↑
ふゆのおでかけ拒否
でかけるよー。と 犬たちにようふくをきせ、わたしもカバンをもって、さあ、でかけよう、と思うと、犬たちがいません。
さがしてみると、2ひきして、野原のケージに こっそりもぐっていました。
もうさむくて、ぜんぜん おでかけしたくないのでした。

201301041305001.jpg

別窓 | 2ひきのまいにちのびっくりじけんぼ | コメント:0 | top↑
弟の結婚式
2月の弟の結婚式の話です。犬なしですみません、、。

弟と結婚してくれる彼女と、結婚式の相談をしました。
親族だけの20人くらいの式で、スピーチもお色直しもスライドショーも花束贈呈も何もなく、ただご飯だけは特上の結婚式場で、お客さんたちにご馳走をゆっくり楽しんでもらいたい、という、二人らしい企画の式です。

わたしもピアノ弾き語り演奏をさせてもらい、小学生の姪御さん二人がバレエを踊り、父と、彼女が、わたしの伴奏で1曲づつ歌い、ついでにみんなも全員合唱することにしました。

せっかくピアノをレンタルするのだから、ということで、入場、退場、ケーキカットの時の音楽も、CDは使わずに、わたしがピアノの生演奏でやることになりました。

入退場の音楽を さんざん迷った末、わたしのピアノに、彼女の義兄さんのギターと、小学生の姪御さん2人で、鉄琴と木琴を入れてもらって、パッヘルベルのカノンをやろう、ということに。

小学生が出ると場がなごむ、とか、両家の親族が出るのはいいよね、とか、普通の結婚式と違うねと覚えていてもらいたい、とか、彼女とわたしは大盛り上がりで、わたしは姪御さんたち小学生とお近づきになりたい、という下心もあったので、事前に練習しようと楽しく計画を立てました。

母親は、どうせわたしがそんな面倒くさくて大変で余計なことを考えたんだ、やめろ、バレエだけでいいんだ、といつものように怒り出して喧嘩になりましたが、他の人は誰も、余計なことだったとは思わないはず。きっといい式になると信じています。
別窓 | 番外編:野原の飼い主のふつうの日記 | コメント:2 | top↑
おそうじ犯人
トースターに パンをいれるとき、すこし、おさとうを こぼしました。
ぞうきんを とりにいった ほんの数秒のあいだに、おさとうは、きれいにそうじしてありました。
はんにんは、だれでしょうか?

CIMG6046_convert_20130103215049.jpg

別窓 | もんしろりーぬのまいにちのびっくりじけんぼ | コメント:0 | top↑
今年たぶん一番うれしかったこと
元旦に、弟と結婚してくれる彼女に会いました。

弟とわたしは、弟が小学校にあがって以来、42年くらい、しゃべったことがほとんどありません。
わたしと母の仲が強烈に悪く、母は溺愛の弟とわたしがコンタクトを持つことを、子どもの頃から嫌ったので、弟は、立ちはだかる母の向こう側にいる他人、という感じで、わたしもそんなこと、ちっともかまわない、と思っていました。

一緒にごはんを食べた時、彼女が、テーブルの上にのったジュースのビンを指差して、弟に、”今、ここに書いてあること、読んでいるでしょ。”と言いました。ビンのラベルの裏には、細かく、どうでもいいことが書いてありました。
”いつもそうなのよね。”と彼女は笑い、弟も笑いました。

びっくりしたのは、それが、まさに わたしのクセだったことです。気づいたのは小学生の頃、母親に、夕食の席で、”なんで毎日毎日、ばかみたいにその味の素のビンの裏に書いてあることを読んでいるのよ。なにが書いてあるかもう知っているでしょ。”と言われた時です。

言われて見れば、わたしは、小さい頃から、ごはんを食べながら、食卓にたまたまおいてあるパッケージやビンを、無意識に読む、という習慣がありました。大人になってからも、電車の中で、友達はまわりにすわっている人のファッションを見る、とか、窓の外の風景を見る、とか、美人がいるか見る、という人が多いようでしたが、わたしは、無意識に、全く興味のないつり広告や、非常ベルやドアの注意事項の張り紙シールを読んでいます。

わたしがその話をしたら、彼女が、”やっぱり兄弟だから似ているのよ。”と言いました。
弟は、わたしと 全然関係ないし、性格も小さい頃から正反対だと思っていたのに、そういう みんなにヘンと言われるクセが同じだった、ということを知って、わたしにも兄弟がいたんだなあ、と初めて気づきました。

そして、それを気づかせてくれたのが、これから家族になる人だった。ということに感動しました。
今まで大嫌いだった、”家族”という言葉が はじめて好きになったと思いました。

素晴らしい一年の幕開けです。


別窓 | 番外編:野原の飼い主のふつうの日記 | コメント:4 | top↑
| おひさま野原のたんぽぽ日記(+春風もんしろりーぬ+1人) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。